センターの活動

センターの目的

犯罪に遭われた被害者、その家族、遺族が抱えるさまざまな不安や悩みを軽減し、被害からの回復を支援するため、 電話相談、面接相談等を行うとともに、 社会全体の被害者等を支援する意識を高めるために設立した民間のボランティア団体です。

センターの活動内容

  • 相談活動
    電話相談
    研修を受けたボランティアの相談員が、親身になって相談に応じます。
    面接相談
    支援活動員による面接相談
    必要に応じて、専門家が心理相談、医療相談、法律相談を実施(事前予約が必要、一部を除き有料)します。
  • 直接支援活動
    病院や裁判所等への付き添い
    必要に応じて自宅訪問や検察庁・警察署・病院・裁判所等への付き添い支援を行います。
  • 広報活動
    広報資料の発行・配布
    ポスター、リーフレット等の配布
    街頭キャンペーン
    「犯罪被害者週間(11月25日から12月1日まで)」を主に随時実施します。
    マスコミ広報
    被害者等の置かれた現状と支援の必要性を社会に周知するために、広報・啓発活動を行います。
    関係団体等の協力による広報
    関係機関と連携しながら、被害者等支援に対する意識を喚起する活動をします。
    ホームページの開設
    被害者等の置かれた実状と支援の必要性を社会に周知するために、ホームページによる広報・啓発活動を行います。
    講演会の開催
    被害者等支援をテーマとする講演会を開催して、被害者等支援に対する意識を喚起する活動をします。
  • 研修活動
    研修活動
    犯罪情勢、被害者等の心情、関係法令・制度等支援に関する情勢の変化について随時研修を行います。
    また、事例検討、経験交流を通じて直接支援員、相談員の資質の向上を図ります。

    研修会風景
    研修会風景
  • その他活動
    イベント活動
    「犯罪被害者支援奈良県民のつどい」を開催しました。
    平成29年11月30日(木)に「犯罪被害者支援奈良県民のつどい」を田原本青垣生涯学習センター弥生の里ホールで開催しました。
    開会式典の後、清家政明氏による「犯罪被害者遺族として思うこと」と題して、特別講演が行われました。犯罪被害者の遺族としての無念さと殺害された家族への深い愛情が伝わってくる講演でした。
    その後、氷置晋氏によるコンサート(バイオリン、ピアノ、歌)が催されました。
    当日は400名を超える方に出席いただき、盛会の内に終了しました。

    清家政明氏による特別講演「犯罪被害者遺族として思うこと」

    清家政明氏による特別講演
    「犯罪被害者遺族として思うこと」


    <問い合わせ先>
    公益社団法人なら犯罪被害者支援センター 事務局
    電話 0742-26-6935
    土曜・日曜・祝祭日・年末年始を除く 受付時間10:00〜16:00

被害者支援ボランティアスタッフの募集

センターでは、被害者やその家族をサポートする犯罪被害者等支援員(ボランティア)を養成するため、毎年、養成講座を開講し、被害者支援に必要な基礎的知識、技能を習得してもらい、電話相談等の実地研修を経て、支援員としてふさわしい方に委嘱しています。

平成30年度の被害者支援ボランティアスタッフの募集は終了しました。

お問い合わせは事務局まで
電話 0742-26-6935
土曜・日曜・祝祭日・年末年始を除く
受付時間10:00〜16:00

機関誌「ハートニュース」発行

センターでは定期的に機関誌を発行し、活動の報告を行っております。

ハートニュース
第25号(H30.6発行)

画像をクリックすればPDFのダウンロードができます。

以前の「ハートニュース」は、こちらをクリックすれば閲覧できます。

ハートニュース

ホンデリング活動

家庭・職場等で不要となった本で、犯罪被害に遭われた方々を支援しています。
犯罪の被害に遭われた方が、前へ進むためのお手伝いのきっかけとして、
読み終えた本をホンデリングに贈りませんか?
ホンデリング <春のキャンペーン>」は終了しました。
ご協力ありがとうございました。

ハートニュース
通常期パンフレット(贈与承諾書)

画像をクリックすればPDFのダウンロードができます。

TOPへ